MENTAのQ&A集

実際に頂いた質問と解答の様子です。

ここからMENTAに登録すると500円クーポンがもらえます!この機会にぜひご登録ください。

色や明るさを調整する場合、どこをいじったらいいのかわかりません。

https://www.takafumitachibana.com/wp-content/uploads/2019/01/feea51dd171dbd54086552dde01f96aa.png

どの編集ソフトでも基本的な色補正ツールがあります。主に「明るさ」「コントラスト」「彩度」を調整します。(Skypeで画面共有しながら、生徒さんの編集ソフト上でレクチャーしました)

料理を美味しそうに撮るにはどうすればいいですか?

https://www.takafumitachibana.com/wp-content/uploads/2019/01/feea51dd171dbd54086552dde01f96aa.png

主に照明が関係します。コツは「逆光」です。

1. 照明を使う場合
2. 自然光だけで撮影する場合
の2パターンをレクチャーしました。

スマホだけで街頭インタビューの撮影をしたいのですが、どういう機材が必要でしょうか?

https://www.takafumitachibana.com/wp-content/uploads/2019/01/feea51dd171dbd54086552dde01f96aa.png

スマホに取り付けるクリップ式のレンズ、おすすめのマイクや撮影アプリ、屋外で風のノイズを防ぐための方法などを紹介しました。(音もちゃんと収録したいということだったので、結果的に古いスマホを音の収録専用に使うことになりました。)

作ったレシピ動画を見てください!何かご意見いただきたいです。

https://www.takafumitachibana.com/wp-content/uploads/2019/01/feea51dd171dbd54086552dde01f96aa.png

喜んて添削させて頂きました。良い点をお伝えした上で、より見やすいテロップの見せ方、フォーカスのコツ、現場の美術面の改善点などをレクチャーしました。

独学でやってきましたが、「何を練習すればいいか」「どうやったら仕事にできるのか」わかりません。

https://www.takafumitachibana.com/wp-content/uploads/2019/01/feea51dd171dbd54086552dde01f96aa.png

最初はみんな自分の作品に自信が持てないものです。不安を解消するためにも、下記のようなサポートをいたしました。

1. その人に合わせた中長期的なカリキュラムの作成
2. 仕事に結びつける具体的な取り組み
3. おすすめのチュートリアルやサイト、コミュニティの紹介
4. モデルとなるクリエイターを探す など

AfterEffectsのレンダリングが異常に時間がかかり、データ量もかなり大きいです。これは普通でしょうか?

https://www.takafumitachibana.com/wp-content/uploads/2019/01/feea51dd171dbd54086552dde01f96aa.png

書き出しの設定ミスでしたので、適切な設定・コーデックをレクチャーしました!(レンダリング時間は半分、容量は大幅に軽くなりました。)

舞台を2台のカメラで撮影する場合のコツを教えてください。

https://www.takafumitachibana.com/wp-content/uploads/2019/01/feea51dd171dbd54086552dde01f96aa.png

1人で2台カメラを回す場合の注意点、またアングルのコツなどをレクチャーしました。(同じポジションから撮る場合、◯◯する方が編集しやすいですよ…!)

絵コンテは書くべきでしょうか?絵が下手なのですが…。

https://www.takafumitachibana.com/wp-content/uploads/2019/01/feea51dd171dbd54086552dde01f96aa.png

制作スタイルによりますが、必ずしも書く必要はありません。ボクもあまり書きませんし、書いても下手です。笑 絵コンテは人に伝わればOKですし、部分的に書くだけでも良いです!(マッチ棒人間レベルでも伝わればOK)

【参考】絵コンテのメリット
1. スタッフやクライアントにイメージを共有しやすい
2. 事前に「客観的に」作品を見ることができる→撮影前に修正できる

映画のような質感はどうやって出すのでしょうか?

https://www.takafumitachibana.com/wp-content/uploads/2019/01/feea51dd171dbd54086552dde01f96aa.png

一般的なビデオカメラではなく、一眼レフカメラのようなセンサーサイズの大きいカメラを使うと、映画のようなボケ味のある絵が撮影できます。また「Log」というモードで撮影し、編集時に「カラーグレーディング」という作業を行うことによって、シネマティックな質感をつくり出すことができます。

生徒さんの持ってるカメラと編集ソフトに合わせて具体的に注意点を交えながらレクチャーしていきます。